医療訴訟の予防

医療訴訟というのは起きなければ起きないほど良いものであり、医療機関もしくは医師や看護師などと患者側そして患者のご家族側が双方で納得した治療を行っており、良い関係性を築いているということになります。


しかし医療訴訟は全くないといった状況ではなく少なくなってはいるものの、やはり起きている状況から医師としては訴訟を防いでいくといった部分で様々な努力をしていかなくてはなりません。
医療訴訟が起きてしまう原因にはさまざまなものが考えられますが、医師側にはいくつかの過失が認められてしまうケースがあります。
ちょっとした患者との会話の中での説明不足や診断の見落としなどによって大きな医療訴訟になってしまうことがあるので、徹底的に一人一人の患者に対して集中力を欠かさずに接していかなくてはなりません。


医療訴訟には、問診義務違反や検査義務違反診断内容の誤り、不必要な検査や手術を実施、また施設における判断ミス、経過観察義務違反、療養指導義務違反などがあり、こうした部分において、医師が適切な対処をしているかどうかが問われてきます。
しっかりとした医療水準をクリアしているかどうかというのが医療訴訟では大きな論点になってくるのですが、例えばあまり良くない結果を予見することができたとしても、ここでどのように回避するのかというのは医師の裁量に関わってくる問題です。


可能な限り丁寧な説明を行うことと、患者そして患者の家族から承諾を得ることを徹底し、さらににチーム入りを行っている医療機関の場合にはチームより携わる医師一人一人の情報の共有などを徹底していく必要があるでしょう。


▽Special Link
B型肝炎の訴訟に関する相談を専門に請け負っている弁護士事務所のサイトです ⇒ B型肝炎 訴訟

Copyright © 2014 医療訴訟を防ぐには All Rights Reserved.